バスの時刻表・料金・路線図をすぐに確認するには

これからバスで移動しようと思った時に気になるのがバスの運賃や時刻表ですよね。バスは電車よりもきめ細かな路線ルートが設定されているため、私たちの日常に身近な存在ではあるのですが、バスはなかなか時間が読みにくいと思ったことがある人は少なくないのではないでしょうか。バスでの移動は電車での移動とは異なり、道路の混雑状況や天候によって大きく時間が変わる可能性があります。とくに天候不順の通勤、通学時間帯はバスのダイヤも乱れがちになってしまいます。このため、電車での移動よりも時間にゆとりをもって移動したいところですよね。そんなバスのでの移動をする際に、やっぱり心がけておきたいのは前もって時刻表などをチェックして、前もって時刻表などでゆとりを持たせた計画を設定することが重要なになるのではないでしょうか。また、バスを乗り換える際にも乗り継ぎがうまくいかないケースも出てくる可能性があります。こちらのページではバスの運賃や時刻表、路線図などを要領よく情報収集をする手法をご案内します。


 

バス時刻表、運賃、路線図情報を簡単に調べる方法

ナビタイムのバス乗り換え案内を活用して調べる方法

バスの時刻表、運賃、路線図情報を調べる方法の1つとして便利なのが、ナビタイムが提供している「バス乗り換え案内」を利用するやり方があります。ナビタイムのバス乗り換え案内はこちらのウェブページからチェックすることができます(https://www.navitime.co.jp/bustransit/)。ナビタイムのバス乗換案内のページにアクセスすると出発地情報と目的地情報、それに日時を入力することで目的とする区間のバス料金などを調べることができます。出発地、目的地ともに都道府県名とバス停名を入力することができるようになっており、予め地点情報がわかっている時はこの検索方法が手っ取り早く調べることができますよ。でもバス停名って意外とわからないケースも多いですよね。そんな時に便利なのがバス路線図から調べる方法です。ナビタイムの「路線/系統・都道府県・バス運行会社から探す」を選択すると、これから乗ろうとしているバス会社や目的地となる都道府県名などの情報からバス検索をすることができますよ。また、ナビタイムでは路線バスはもちろんのこと、高速バスや、空港連絡バスなども情報も検索することができます。初めて行く土地で地理感が全くない方などは路線図を見ながらバス情報を検索すると周辺情報もわかるのでおおいに役立つかもしれませんね。
 

ジョルダンのバス乗り換え案内を活用して調べる方法

バスの時刻を調べるもう1つの便利なサイトとしてはジョルダンが提供している路線バス時刻表検索があります。ジョルダンの検索サイトはこちらをご参照ください(https://www.jorudan.co.jp/bus/rosen/)。ジョルダンのバス検索サイトでは路線バス、高速バス、空港連絡バス、深夜バス別にバス停名と日付を入力することでバスの時刻表を簡単に調べることができますよ。この他に都道府県別、バス会社別にバスの情報を調べることができる機能があるので、行きたい場所の情報に合わせて柔軟な検索が可能です。ジョルダンの検索機能を試しに使って見たので、その結果をご紹介します。日付は2018年10月1日とし、バス停名を東京駅八重洲口〔都バス23区〕として検索してみました。すると、該当するバスの路線は以下の通り表示されました。

深夜14(東京駅八重洲口~深川車庫前)
直行02(豊海水産埠頭~東京駅八重洲口)
東15(深川車庫前~東京駅八重洲口)
東16(都営)(東京駅八重洲口~東京ビッグサイト)
東42甲(南千住駅西口~東京駅八重洲口)

同じバス乗り場でも複数のバス路線があることがわかりますね。東京駅のような主要ターミナル駅ではいろいろな路線のバスが1つのバス停に乗り入れているので、バスを間違って乗ってしまうと、全然違う目的地に連れて行かれてしまう恐れがあります。ジョルダンの検索サイトを活用することで、事前に1つのバス乗り場からどの路線が出ているのか一発で把握することができ、さらにその路線の時刻表情報も確認することができるので、間違ってバスに乗るリスクを低減することができそうですね。初めて行く土地では是非活用したい機能です。

 

バス会社のバス乗り換え案内を活用して調べる方法

バスの料金や時刻表、路線ルートを調べる方法としてはバス会社が提供してるバス情報を直接調べてみるのも有効です。バス会社は各社のホームページからバスの運行情報や路線図、バス停ごとの時刻表を提供しています。このやり方はオーソドックスですが、さらに確実な方法としてはバス会社が提供してる紙の時刻表やバス停に書いてある時刻表を参照することも有効です。なお、この調べ方はあらかじめ乗ろうとしているバス会社がわかっているときは有効ですが、もし複数のバス会社をまたがって乗り継ぎするようなケースでは上述した検索サイトを活用する方が良いでしょう。

 

バスの定期代を調べる簡単な方法

バスを通勤や通学で日常的に利用している方も多いかと思いますが、気になるのはバスの定期代ですよね。バスの定期代は電車と同じように高額となるため、事前にいくらかかるのかしっかりと把握しておきたいものですよね。バスの定期代はこれまでご紹介してきたナビタイムやジョルダンでも調べることはできますが、ヤフーが提供する乗換案内でも調べることができますよ(https://transit.yahoo.co.jp/)。バスの定期代検索はいずれの検索サービスでも出発地情報、目的地情報と乗車日時情報を入力することで調べることができます。ヤフーの乗換案内で調べてみた事例をご紹介します。日付は2018年10月1日とし、出発地は東京駅丸の内北口、目的地は門前仲町とし、都営バス利用での定期代を調べてみました。その結果、ヤフーの検索結果では指定時刻のバスの料金とルートが表示されますが、同時に検索画面に「定期代」というリンクも表示されるのでこちらをクリックしてみます。すると、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月ごとの定期代が表示されました。バスの定期代も電車と同様に定期代の期間は上記の通りの設定になっていることがわかりますね。通勤や通学でバスを利用する方で定期代を知りたいという方は便利な機能ですね。もちろん、バス会社が提供するホームページからも定期代は調べることができるので、お好みに応じて使い分けるのも良いかもしれませんね。