Googleをホームページに設定するには

インターネットに関わるオンラインサービスを提供する、Googleについてまとめてみました。ホームページ上にGoogleを設定しておくとすぐにブラウザを開け使用出来るのでとても便利です。それぞれの設定方法については、『Google検索ヘルプ』に詳しく紹介していますので確認してみてくださいね。

Google ドライブの活用方法

Googleが15GBの容量を無料で提供するオンラインストレージサービスのGoogleドライブ。「バックアップと同期」をパソコンにインストールすれば、パソコン上のフォルダとGoogleドライブが同期出来ます。またマイドライブの左上にあるメニューからはスター付けしたファイルの閲覧やバックアップ情報を確認出来ます。設定からは保存容量の確認をすることができ、容量を増やしたい場合、Googleドライブ・Googleフォト・Gmailの3つのストレージ共有ファイルから、不要となったものを削除すると、空き容量を増やすことが可能です。そしてゴミ箱に移動したファイルなどは完全にゴミ箱からも削除しましょう。理由としてゴミ箱のアイテムも保存容量を使うからです。完全削除すると復元も出来なくなるので、大切なアイテムには注意が必要です。

 

Google アカウント作成方法

Googleアカウントを持つとGoogleが多く提供するサービスにアクセスできてとても便利です。Googleアカウント作成にはまず、氏名、ユーザー名、パスワードなどを入力し『次へ』のボタンをタップし、画面の指示に従って進めていきます。Googleアカウント利用のメリットはアプリをGoogle Playからダウンロードしインストール出来ますし、メールソフトやWebメールなどのフリーメールアドレスを使用でき、Gmailでメールの送受信が可能になります。またYouTubeで自分の好きな動画を新しく見つけ、視聴することが出来ます。

 

Google 重力の楽しみ方とは?

Googleと言えばほとんどの人は検索エンジンのみでの使用が多いと思います。だけど侮るなかれ通常のキーワード入力でいろいろ調べること以外にも面白い隠しコマンドが実は多く用意されています。Google検索画面中で重力や無重力で遊ぶことが出来ます。やり方は『Google重力』と検索、一番上に表示される『Google Gravity-Mr.doob』にアクセスします。通常のGoogle検索画面が表示され、その画面を指で触れると途端にGoogleを初めとする検索ページのアイテムが一気に全部下に砕けて崩落。砕け散った文字たちは指で触れるとふわふわ動き、重力のため下に落ちていきます。次は『Google無重力』と検索し、一番上に表示される、『Google Space-Mr.doob』にアクセスすると無重力空間を楽しめます。Google検索画面の文字はふわふわと浮き、指で落としても上へ浮き… それはまるで宇宙空間を旅しているようなそんな気分になります♪『重力』『無重力』を遊べるGoogle検索画面なのでキーワードは入力出来ましたが、実際、検索には使えませんでした笑。ちなみにGoogle検索画面で『一回転』とキーワードに入れて検索すると、検索結果の画面が一回転してから止まります。他には、検索画面で『斜め』と入れ検索。すると検索結果画面がずっと斜めに出てくれます。また『ななめ』『ナナメ』でやってみましたが、全く機能せず。『斜め』のみに有効となります。面白いのでぜひ楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

 

Google マップで現在地を確認する方法

Googleマップを使っていると時々、現在地を正確に表示する青い点の表示位置が現在地よりかなりズレた場所を示すときがあります。Googleマップは自動で検出しますが、どうやってユーザーの現在地を推測するのかが気になります。そこで、Googleマップがユーザーの現在地特定の情報をどのように得るのか?仕組みを調べてみました。現在地のユーザー情報はこんな感じで検出しているようです。

◎GPSを使って現在地を特定。測定時の誤差を20m以内とし特定しますが建物内などにいる場合、測定精度が低くなり、誤差を伴う原因になります。
◎Wi-Fiネットワークを利用して現在地を特定。
◎携帯電話の基地局から最大数千m以内の測定誤差から現在地を特定。

Googleマップがユーザーの現在地を推測する仕組みはこのようになりますので、現在地の正確さを示すためにも、スマホなどのアプリを開き『高精度モード』をタップし『オン』の状態にすることをおすすめします。ユーザーの現在地を示す丸く青い点は測定しても現在地特定が不可能な時、青い点の周りを薄い水色が大きな円を描きます。これはユーザーの現在地はこの薄い水色の枠内の範囲に居るという意味です。なので測位精度が高い時は薄く囲む水色の円が小さいということになります。これまでGoogleは検索だけに利用していた人もたくさんいると思います。私も今回、Googleの知らない楽しみ方を知るきっかけになったので、検索以外にいろいろなコマンドで遊んでみようと思いました。