イオンの店舗情報、営業時間・駐車場・電話番号検索はこちら

イオンは、社名でもあり、店舗名にもなっており、私たちの生活の中で無くてはならない存在になっています。小売業だとミニストップ(5,436店舗※)、ディベロッパーだとイオンモールやイオンタウン、金融だとイオン銀行(690箇所※)などが有名です。イオンは店舗や季節により、営業時間が変わることがあります。また、店舗によっては、食品売場とそれ以外の売場で営業時間が違うことがあるので、注意しましょう。イオングループの店舗一覧があるサイトで電話番号を検索出来るので、下記から探してみましょう。47都道府県にありますよ(https://www.aeon.com/store/)。イオンの駐車場の特徴は広い何と言ってもその広さです。そして、駐車料金が無料。これはとても嬉しいポイントです。駐輪場も設置されていますのもありがたいですね。

 

イオンのゼリーはおすすめは何?種類と味を徹底開設

イオンが出しているゼリーの中でおすすめなのはTOPVALUブランドのドリンクゼリーと蒟蒻ゼリーです。ドリンクゼリーはパウチタイプなので、冷凍しても持ち歩けて、保冷剤代わりにもなるのでとても便利です。

●素早くチャージ ドリンクゼリー
・ENERGY180
(シチリアレモン、マスカット味)
・MULTI VITAMIN11
(グレープフルーツ味)
・ROYAL JELLY300

●ぷるんとした食感 蒟蒻ゼリー
・みかん&ジンジャー味
・ぶどう味
・マスカット味

このような6種類があり、プライベートブランド商品のため、価格もお手頃です。また、素早くチャージドリンクゼリーについては、ケースでの販売もあり、1個あたり約6円安価で購入できます。

 

イオンのミニ情報をご紹介

イオンの本社は、千葉県千葉市。店舗もグループ全体だと日本国内のほか、中国、韓国、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナム、カンボジア、インド、ミャンマー、ラオス、シンガポール、オーストラリアと世界に広がりをみせています。グループ従業員数も約55万人(※)を数え、雇用創出にも貢献しています。「TOPVALU」としてプライベートブランド商品も食品だけでなく、日用品、ファッション、お酒、家電などの商品を展開しています。また豊かな地球環境を未来につなげる活動を推進しています。CO₂の削減、省エネ、食品廃棄物の削減、植樹活動です。

「木を植えています-私たちはイオンです」の環境活動スローガンを掲げ、2018年2月末現在11,666,762本の植樹活動を行いました。

私たち消費者も一緒に取り組んで、豊かな自然を未来の子どもたちに残したいものです。

 

イオンのガソリンスタンド「ペトラス」の活用方法をご紹介

イオンのガソリンスタンド、「ペトラス」。イオングループのショッピングセンターに展開しているそうです。確かに駐車場は広いし、買物ついでにガソリンも給油出来たら便利ですね。セルフスタンドとスタッフ給油店舗がありますが、スタンド単体での出店はしていません。優待プランもあります。例えば、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)の会員証を提示すると、JAF会員価格で給油出来るそうです。しかし、利用方法等はログインしないと確認出来ませんので、ご注意ください。

そのほか、イベントも開催しています。
・毎月10、20、30日はペトラス感謝デー
・毎週金曜日は洗車特売日などです。

イオンカードを利用することで特典を受けられるので、1枚は持っているとお得に利用できそうです。また、店舗によっては、コーティングの技術認定店があり、コーティング技術者としてスタッフさんが在籍しているそうです。通常の洗車だけだと、きれいになるだけですが、コーティングしておくと、汚れが落ちやすく楽になるし、水弾きが良くきれいが長続きします。事前予約した方が対象となるウェブ割引もあるので、検討している方はぜひチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

コースにもよりますが、お買物している間に施工してもらえるので、時間の有効利用にもなります。
※2018年2月末時点