仙台空港アクセス線の運賃はいくら?

JR仙台駅と仙台空港を結ぶ鉄道を「仙台空港線」と呼び、「仙台空港アクセス線」はその愛称です。仙台駅から仙台空港まで6箇所を経由しながら運行しています。また、上下線ともに1日に3本快速が運行しており、快速を利用すれば名取のみ経由で早く移動することも可能です。仙台空港アクセス線について、2018年9月時点の運賃など詳しく紹介していきます。先述したとおり、仙台空港線は始発の仙台駅から終点の仙台空港まで6箇所を経由していきます。上り(仙台駅から仙台空港)の運賃は、美田園まで220円、杜せきのしたまで310円、名取まで410円、南仙台まで550円、太子堂・長町まで600円、仙台駅まで650円です。下り(仙台空港から仙台駅)の運賃は、太子堂・長町まで190円、南仙台まで200円、名取まで240円、杜せきのしたまで410円、美田園まで460円、仙台空港まで650円です。


 

仙台空港アクセス線 時刻表をカンタン検索するには

仙台空港アクセス線は、上り(仙台駅から仙台空港)の5:47発を始発とし、23:10発が最終となっています。また、下り(仙台空港から仙台駅)は5:31発の始発で23:23発が最終です。1時間の間に3本ほど運行しているため、電車が来なさすぎるということがないので便利ですよ。仙台空港線の時刻表は、平成30年3月17日に改定されました。最新の時刻表は仙台空港鉄道の公式ホームページにて見られるようになっています。スマートフォンからでも確認しやすいホームページになっていますよ。(仙台空港鉄道株式会社 http://www.senat.co.jp/ )

 

仙台空港アクセス線 路線図をカンタン検索するには

路線図の検索はマップや、ナビタイムなどの路線図まで表示が可能な時刻検索のアプリを使うのがオススメです。マップでは線路を探せないという方は、後者の利用を選びましょう。見たい路線図を選択するだけで、地図上にラインを出して分かりやすく示してくれます。路線図を知ると土地勘も付きますし、どんな経路を通っているか知るのは意外と面白いですよ。また、自然災害なども多くなっています。もしもの時のための備として見ておくのもいいかもしれませんね。( NAVITIME https://touch.navitime.co.jp/railroad/map?rCode=00001086 )

 

仙台空港アクセス線の乗り換えってあるの?

仙台空港アクセス線は仙台駅と仙台空港を結ぶ路線となるため、途中駅での電車乗り換えは基本的にありません。仙台駅は主要ターミナル駅なので、乗り換えが気なる方も多いですよね。駅によっても連携している線が異なります。自分が使いたい線をぱっと選べると楽ですよね。いろんな情報を1度に得てしまうと、情報が多すぎて混乱してしまうこともあるかもしれません。使いたいものだけ知れるように、アプリやホームページにある検索機能を使ってみてはいかがでしょうか。不特定多数のあらゆる交通方法で来る人のことを想定してく作られている検索機能なので、1番使い易いです。また、時刻表や駅情報なども表示可能になっているページが最近では多くなってきました。たくさんの情報の中から自分の探している情報だけを短時間で手に入れられます。乗り換え先の駅を利用したことがなくても、駅情報があると乗り換えに困らない順路や出口などを知ることでスムーズに移動できますよね。使ったことがない人にも使いやすい昨日なので、ぜひ試して見てくださいね。

 

仙台空港アクセス線の定期代はいくら?

仙台空港から各駅までの1ヶ月の定期代は、美田園が7,780円、杜せきのしたが11,110円、名取14,840円、南仙台19,350円、太子堂・長町20,310円、仙台駅まで21,940円となっています。出発地点が変わると距離によっても定期代も変わりますので、利用したい区域の定期代は公式ホームページから調べましょう。定期は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月区切りで購入が可能です。値段としては少し高めなので、予算に合わせて購入してくださいね。空港までのアクセスで電車が利用できるのはバスよりも手軽な感じもあり嬉しいですね。