新幹線の運賃をカンタン検索するには

遠方へ出かける際「新幹線」を利用することは多いのではないでしょうか。「飛行機」も遠方への移動に使われる公共機関の代表的なものの1つですが、飛行機は空港までが遠い、出発時刻よりもかなり早めに空港に到着しておかなくてはならない、などのデメリットがあります。その点新幹線は、出発時間に間に合えば乗車できるということと、大都市に駅があることが多いのでアクセスが良いという2つの大きなメリットがあります。さらに、新幹線は飛行機とは違って、運賃に変動がありません。休日と平日、繁忙期と閑散期などどのような時期であっても運賃が一律なので、繁忙期に値段が上がり、高額な運賃を払わないと席を確保できないというようなことが起きません。満席でない限りは、いつどのような時期に予約をとっても同じ値段の運賃で乗車することができます。新幹線の運賃はヤフー乗換案内や駅探のような検索サービスを使えば無料ですぐに調べることができますよ。駅探のサービスは以下のURLを参照してみてください(https://ekitan.com/transit/fare)。また、早めに予約すれば「早割」などといった割引価格で購入することもできますので、安く購入することはできても値段がどんどん上がっていくという心配がないのが新幹線の良いところです。


 

新幹線の時刻表をカンタン検索するには

新幹線の時刻表はさまざまなサイトで確認することができますがとくにおすすめのサイトが「ジョルダン」です。ジョルダンでは、東海道新幹線や山陽新幹線といった都心を走る新幹線だけでなく北海道新幹線や九州新幹線といった地域限定の新幹線の時刻表も確認することが出来ます。「○○駅の時刻表を見る」といった見方や「○○駅から○○駅行きの時刻表を見る」といった見方もできますので、このサイト1つで知りたい情報を的確に確認することができます。「平日」「土曜」「日曜・祝」の時刻表が掲載されているだけでなく、日にちを指定して時刻表を確認することもできますので、大型連休など通常の時刻表と少し変わる時期の確認もスムーズに行うことができます。
ジョルダン(https://www.jorudan.co.jp/time/shinkansen.html)

 

新幹線の路線図をカンタン検索するには

一般的に、日常的に利用することの多い電車に比べると新幹線の乗車頻度はかなり少ない人が多いです。なので、普段行くことのない方面に新幹線を使って行く場合、どの新幹線に乗ればいいのかさっぱり分からない、という人は少なくないと思います。そんな時に全9路線の新幹線の路線図が確認できるサイトがあれば大変便利です。「Mapion(マピオン)」というサイトでは、各新幹線の路線図を確認できるだけでなく、どの路線の新幹線を使えば、どの駅に停車するのか、またその停車する各駅は他にどんな路線の新幹線の停車駅であるのか、も確認することが出来ます。たとえば「新青森駅」への新幹線を検索したい場合は、「新青森駅」を検索すれば「新青森駅」に停車する新幹線が「東北新幹線」であるということがわかります。次に「東北新幹線」のページに行くと、「東北新幹線」の路線図を見ることができるのと、「東北新幹線」のほかの停車駅も確認することができます。さらにその各停車駅が他にどのような新幹線の停車駅になっているのかも見ることができます。
Mapion(https://www.mapion.co.jp/station/001/)

 

新幹線の乗り換えをカンタン検索するには

新幹線の乗り換え情報を検索するなら「ジョルダン」というサイトが大変おすすめです。「ジョルダン」では、新幹線の乗り換え案内はもちろん、在来線を含めた検索もすることができます。また、出発地や到着地、出発時間や到着時間の指定ができるだけでなく、新幹線の「自由席」「指定席」「グリーン席」の指定をすることもできるので正確な料金を知ることができます。検索結果から「1本後」「1本前」や「5分」「10分」「30分」「60分」前後の発着時間のものもボタン一つで見ることができますので、いちいち検索画面にもどって時間を入力しなおす、ということをしなくてすみます。さらに、「一番所要時間が短いものだけを表示する」などといったようにサイトが勝手に厳選したルートのみが表示されるのではなく、指定した2駅と時間の条件を含んだ検索結果を全て表示してくれますので、「のぞみ」「ひかり」「こだま」のすべての情報を比較することができますし、たくさんの検索結果の中から最も自分に合った情報を選ぶことができるという良さがあります。
ジョルダン(https://www.jorudan.co.jp/time/shinkansen.html)

 

新幹線の定期代をカンタン検索するには

電車の定期券をお持ちの人は多いと思いますが、実は新幹線にも定期券が存在します。電車の定期券と同じで、通勤用定期と通学用定期があり、定期券区間内であれば自由席に好きなだけ乗車することができます。ただ、基本的には鉄道会社をまたぐ新幹線定期券はありませんし、(東海道新幹線と山陽新幹線をまたぐ新幹線定期券は発売されています)すべての区間で新幹線定期券があるわけではなく、区間は限られています。「JR新幹線ネット」というサイトで、新幹線定期券が発売されている区間とその料金を確認することが出来ますので詳しい情報はサイトを確認することをおすすめします。

JR新幹線ネット(https://jr-shinkansen.net/teikiken.html)

新幹線定期券がどれほどお得なのかこちらで簡単にご紹介いたします。
■通勤定期
1ヶ月定期券:約22回乗車することで元を取ることができます
3ヶ月定期券:約62回乗車することで元を取ることができます
■通学定期
1ヶ月定期券:約15回乗車することで元を取ることができます
3ヶ月定期券:約43回乗車することで元を取ることができます

こちらの乗車回数はあくまで目安です。また、鉄道会社によっては6ヶ月定期券を発売しているところもありますので、長い期間新幹線を頻繁に利用する予定のある人には大変お得です。